ぽぽとは

ぽぽとは、アイヌ語で「赤ちゃん、小さいもの」の意味があります。旭川医科大学病院には、周産母子センターを退院される医療的ケア児の、よりよい退院支援を行う事を目的に【ぽぽの会】という院内組織があります。2020年からは旭川医科大学病院が北海道小児等在宅連携拠点事業【地域モデル事業】を受託したことに伴い、「ぽぽの会」が本事業を担当し、院内のみならず旭川地区の医療的ケア児の支援に活動範囲を広げています。

退院までの流れ

ぽぽからのお知らせ

お知らせ

第9回 ぽぽの会勉強会のお知らせ

第9回ぽぽの会勉強会を下記要領でオンラインにて行います。 第9回勉強会案内 ちらしはこちら!   今回は医療的ケア児のご自宅での入浴についてお話を伺います。 日時:2024年2月17…

お知らせ

支援ガイドブック〜旭川市版〜の完成です!

「医療的ケアが必要なお子さんと家族のための支援ガイドブック〜旭川市版〜」が完成しました! 札幌市版を作成された稲生会さんと東洋株式会社さんの御協力のもと、旭川市の実状にあったガイドブックができ上がり…

お知らせ

北海道医療的ケア児等支援センターが開設されました

医ケア児支援法を受けて、北海道にも医療的ケア児等支援センターが開設されました。 医ケア児に関わる様々な相談の総合窓口になります。 札幌市の医療法人稲生会さんが北海道からの受託され担当してくださって…

もっとみる