ぽぽとは

ぽぽとは、アイヌ語で「赤ちゃん、小さいもの」の意味があります。旭川医科大学病院には、周産母子センターを退院される医療的ケア児の、よりよい退院支援を行う事を目的に【ぽぽの会】という院内組織があります。2020年からは旭川医科大学病院が北海道小児等在宅連携拠点事業【地域モデル事業】を受託したことに伴い、「ぽぽの会」が本事業を担当し、院内のみならず旭川地区の医療的ケア児の支援に活動範囲を広げています。

退院までの流れ

ぽぽからのお知らせ

学習会

医療的ケア児実技講習会2022のご案内

この度、下記要領で旭川医科大学病院で医療的ケアの実技講習会を企画しました。少しでも小児の医療的ケアを身近に感じていただき、多くの施設で医療的ケア児の受け入れを前向きに考えていただけると幸いです。 な…

お知らせ

北海道医療的ケア児等支援センターが開設されました

医ケア児支援法を受けて、北海道にも医療的ケア児等支援センターが開設されました。 医ケア児に関わる様々な相談の総合窓口になります。 札幌市の医療法人稲生会さんが北海道からの受託され担当してくださって…

お知らせ

医療ケア物品のごみの分別について(旭川市)

医療物品のごみの分別 日々使用する医療ケア物品のごみの分別について、悩むこともあるかと思います。旭川市での分別をまとめましたので参考にしてください。 市外の方はお住まいの市町村に確認をお願いいた…

もっとみる